飼い犬に、噛まれてしまいましたか?


この記事では、飼い犬に噛まれる原因を探っていきます。


この記事を読むメリットは、飼い犬に噛まれる原因の理解とその対処法がわかる事です。

ご飯を食べている最中や、子育て中の犬、おもちゃを取ろうとして噛まれた?



ご飯を食べている最中に、撫でようとして噛まれませんでしたか??


子育て中の母犬を、触ろうとして噛まれませんでしたか?


子犬のおもちゃを取り上げようとして、噛まれませんでしたか?



全て、犬の大切なものを守ろうとする「防衛本能」から、でる行動です。


この犬の防衛本能への対処法は、しっかりと飼い主との主従関係をはっきりさせて、ボスのいうことは絶対だと分からせてあげること。


噛むような動作をしたら、こら!!って怒って、飼い主側が強いことを示しましょうね。

配達の人に噛んだ?



これも、実は防衛本能に似ていますね。


飼い主を危険から守りたい!っていう犬の本能です。


これも、うるさいよ!静かにしなさい!


って言って、危ない人じゃないことをしっかり分からせましょうね。

甘噛みですか??



子犬が、家にあるチャンネルや、枕、床に落ちているもの全般を噛み噛みしていませんか?


実は、これって、子犬の乳歯っていう、子供の歯の生え変わりで、歯がムズムズするからっていうのが原因の一個。


それと、人間の子供と同様に単純な好奇心でとりあえず、なんでも口に入れてしまうっていうもの。


甘噛みへの対処法は、子犬が噛み噛みできるおもちゃをペットショップで買ってきて、与えるってことかな。


それと、子犬が誤飲しちゃ危ない小さいもの。例えば、ヘアピンとかビーズとか。


そういう小さいものを床に落とさないようにすることも大事です。

発情期でイライラして噛まれましたか?



2歳から3歳くらいの犬って、発情期を迎えます。


発情期だとすごくイライラしており、撫でようとすると噛まれることも多いです。



こういう場合どうすればいいか???

動物病院で、虚勢や不妊手術すれば大丈夫ですね。


望まない子供を妊娠して、里子に出すくらいなら、手術するべきですね。


またイライラして噛まれないので安心ですし。