犬を飼い始めた、もしくは飼おうか迷っていませんか??


ただ、犬を飼う自信がない。



私が育てられるのか、飼えるのか不安じゃないですか?


この記事では、犬を飼う自信のないあなたに向けて、飼う前や飼い始めた後に、最低限理解しておくべき、チェック項目を紹介しています。


この記事を読むメリットは


犬を飼うにあたっての心構えがわかり、本当に飼うべきなのかどうかの判断ができます。

死ぬまで面倒見れますか???



いきなりですが、あなたは飼い始めた犬が亡くなるまで、だいたい10年から15年くらい面倒をしっかりとみれますか?


最初は可愛いだけかもしれません。


ただ、飼って10年くらいすると、人間で言ったら70歳くらいの高齢者になるわけです。


自力でトイレに行けなくなったりで、介護が必要な状態になったりします。


そんな介護状態でも、犬に愛情を注げますか?

しっかり飼える環境ですか?



そもそも、自宅は犬を飼える環境ですか??

犬を飼うケージが置ける部屋の大きさ、犬小屋を置ける庭が自宅にありますか?


家族がいる場合、その家族は犬の世話に協力的だったり、犬を飼ったことのある経験者ですか?


自分が散歩に行けない場合、餌をあげる時間がない場合、やはり家族の協力は不可欠なんです。

お金の準備は大丈夫ですか?ご飯代もトータルだとまあまあかかります



犬って、人間みたいに、国民健康保険がなく、全額医療費は自己負担です。


ですので、地味に病院代が家計を圧迫することになります。


ちゃんとお金に余裕はありますか?



もしそこそこ余裕があって、もっと犬のご飯などにこだわりたい!っていう人におすすめなのが・・・。

>>>こちらです。

あなたの時間が結構無くなりますよ?


犬の世話で、特に子犬時代はとにかく世話がかかるw


トイレもちゃんとできなかったり、部屋の備品を噛んだり。


しつけなどにも時間を結構取られます。

無償の愛をくれる愛犬・家族って認識できるまで、辛抱できますか?



犬って最初は世話が焼ける動物。


でも、年齢的に2歳くらいなってそこそこ物事が判断できる年齢になったらどうでしょうか。


ちゃんと飼い主の意図を察して行動して、帰宅したら尻尾振って無償の愛をくれる存在になりますよ。


人間の子供の世話と同じです。


そうなるまで辛抱できますか?

飼えない!っていう判断なら里親に出すのもアリな選択



本当に、経済的時間的、場所的に限界!


犬の世話に自信がない!


そんな時は、里親を探してくれるNPOに相談してみるのもいいかも。


>>例えばこちらの記事とか参考になります!


ちゃんと飼える環境の飼い主さんにあなたの犬を引き渡して、もっと幸せな環境で暮らす方が、犬にとってはいいかもしれないですね。