犬の分離不安について、色々悩んでいませんか?


犬の分離不安って、犬が飼い主と離れると不安になって、パニックになることです。



この記事では、犬をたくさん同時に飼う、多頭飼いが犬の分離不安にいいらしいっていうことを聞いたので、その理由と原因を考えてみました。


ちなみに犬が分離不安になる原因って、社会性がないことと、自立心がないことです。



ですので、犬の多頭飼いって、犬の社会性を身につけるためにベストなので、絶対にいいですよ。




では、以下では詳しく検討しますね。

先輩犬がルールを教えてくれる



実は、先輩犬がいることで、新入りの子犬はいろんなルールを学んでいます。


例えば、トイレの場所だったり。


他の犬とのコミュニケーションだったりなど。


多頭飼いではない、一匹飼いだとこういうルールを理解したり社会性を身につけたりは結構難しいですね。



新入りの子犬が、社会性を身につけることで、犬の分離不安も結構いい感じに収まっていきますね。

上下関係で社会性と自立心が身につく



犬って、群で暮らしていた動物です。


家族の中でも、上下関係をしっかりと作って、順位を作っています。


ですので、先輩犬は自分よりも目上の存在となります。


わがまま放題に暴れまくる、子犬も先輩犬に叱られたりして、社会性が結構身につきますよ?

その結果、犬の分離不安もなくなってきます。

注意する点は、先輩犬との相性


先輩犬と、新入りの子犬との相性が一番問題ですね。


相性は、人間同士でも結構大事です。



先輩犬が、子犬を割と好意的に迎えてくれる感じでしたら、一緒に飼ってもいいでしょう。


ただ、先輩犬がやたらと攻撃的だったりした場合は、離して飼うなど注意が必要ですね。