犬の分離不安について、悩んでこのページみていませんか?



分離不安って、飼い主が留守中に、犬が不安になってパニックになってしまうこと。


この分離不安のトレーニングは、とにかく孤独に慣らすことが大事です。

この記事を読むことで、犬の分離不安を治すためのトレーニング方法がわかります。

一人で過ごす時間を増やす



犬が、一人(一匹で)で過ごす時間を徐々に増やしていきましょうね。


犬が孤独に慣れていないのが、分離不安の原因ですからね。


最初は、10秒、1分、2分、10分と徐々に長くしていくんです。


そうすると、犬に負担なく分離不安のトレーニングできます。

飼い主の匂いのする服をケージの近くにおいておく



 ケージの近くに、飼い主の匂いのする衣類を置いておきましょう。


近くに飼い主の匂いがするので、安心するのでパニックになりにくいです。

寝るときは別々に寝る



飼い主と犬が一緒のベッドに寝ると、犬は飼い主にどんどん依存してしまうことになります。


ですので、できるだけ、犬とあなたは別のベッドで寝るようにしましょうね。

テレビ・ラジオをつけておいて、人の声や騒音に慣れさせる



それと、犬をストレスに慣れさせるいい方法があります。


ラジオやテレビをかけた状態にしておいて、人間の声や音声などに慣れさせるのがいいですね。


ストレスに慣れさせることで、いざ飼い主が留守中にパニックになる確率が減りますね。