あなたの犬って、分離不安になっていませんか?


分離不安っていうのは、犬が飼い主がいなくなって、不安になってパニックになることです。



この記事では、犬の分離不安をなんとかするしつけ方法をご紹介します。



犬の社会性と自立性を、しっかりと身につけさせることが大事です。

犬の分離不安の原因とは?



犬の分離不安の原因は、

  • 犬を甘やかし過ぎている

  • 他の犬や人間との接触不足で、社会性がなく自立していない

  • 犬が飼い主へ依存し過ぎている

  • ことです。

    犬の分離不安に対処するための、しつけの方法とは??

    主従関係をはっきりさせる・「マテ・スワレ・フセ」



    犬の分離不安って、飼い主への依存の強さもありますけど、犬自身がなんでも言うことを聞いてもらえるって甘えていることも原因です。



    ですので、ここでビシッと!あなたが犬のボスであることをしっかりと示しましょうね。

    「マテ・スワレ・フセ」の犬のしつけの徹底ですね。

    マテスワレフセが、一個でもできたら、思いっきり褒めてあげましょうね。

    鳴かれても無視


    犬の依存心を強める原因の一個。


    犬が鳴いているときに、すぐに飼い主が駆けつけること。


    すぐに飼い主が来てくれるので、犬もより一層依存心が強まってきます。


    ですので、鳴かれても基本的に無視して放置しましょう。

    犬と離れる時間を作る



    犬と離れる時間を、少しでも作っていきましょう。


    例えば、最初は1分、3分、5分、10分、と徐々に時間を伸ばしていきましょうね。


    徐々に、飼い主と離れるストレスに慣らしていくことです。



    ですので、プチ外出を少しずつやっていきましょうね。

    他の犬や人との接触をたくさんもつ



    定期的にお散歩をさせていますか??


    お散歩途中で、子供がよってきたり。


    道端で可愛いですねって言われて、犬を撫でる人いませんか??


    犬の社会性を身につけるために、そう行った家族以外との接触を積極的に持って、犬を触ってもらいましょう。


    そうすることで、犬の社会性が身について、だいぶ性格的に自立します。

    飼い主の匂いのする服をケージの所においておく



    犬が飼い主の留守番時に、パニックになりくい方法です。


    犬のケージの所に、あなたの衣類をおいておく。


    あなたの匂いがするので、犬は安心して落ち着きます。

    別々に寝る



    就寝時に、犬と一緒に寝ていませんか??


    就寝時に一緒に寝ると、犬のあなたへの依存心がだんだん強まってきます。


    ですので、今日から別々に寝るようにしましょうね。

    ラジオやテレビを流しっぱなしにしておく



    普段から、人の声やガヤガヤした音声に慣らしておく。


    犬を普段からある程度ストレスに晒しておくと、いざとなった時にパニックになりにくいです。